読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お腹いっぱいでも夜にはお腹がすく

まいにちたべるたくさんねる

ちゃんと暮らす

 

 

牛乳パックを 開けるのに苦労してるときに「こういうのってなくなって行くんやろうな」と思った。

どないかこないかなって、牛乳パックを あの閉じた紙の部分を こじ開けるという動作はなくなって あるいは楽に開けられるようになって

注ぎ口の先っぽがささくれ立ってしまうことなんてなくなるんやろうな。

そんなことは求めてないのに。

不便をなくしてくれるために 研究してくれるのはそれは 嬉しいことやけど 色んな不便がなくなったら もっともっと些細なことでみんなイライラするんやないかな〜とちょっと思ってしまうな

 

だって昔は ネットなんて めちゃ繋がるの遅かったし それにイライラなんてしなかったけど

今なんて繋がるのちょっと遅かったりバグったりしたらめーちゃイライラするじゃないですか。

するじゃないですか。って、しない人もいるやろうけど。

iモードで まあ不便は多かったけど 十分やったし snowなくてもガラケーのインカメで自撮りとってたし。

静かに丁寧に暮らしたいけど 効率や利便性が重視されてやることがなくなったら 今より「ちゃんと暮らしてる」感がなくなっちゃうよ…

 

てか最近まじでお腹壊してトイレに駆け込む率が高くて今もお腹痛いのでもう切り上げます

あとママの北海道のお土産でもらった桃のリキュールが美味しいので。

おやすみなさあい

 

 

棚上げして

 

 

 

〇〇民とか〇〇勢っていう言葉が苦手だ

たぶん、始まりは「地元民」っていう言葉に対するアレルギーで なぜかというとわたしに「地元民」はいないからやろうなあ

奈良県民」はわかるけど「地元民」って…そういう民族はないやんお前らは和民の仲間か?

〇〇勢の方がそれでいうと違和感は少ないんかな それでもなんか ひとくくりに なにかをするのが苦手で

だからと言ってなにってわけではないんやけど。

 

あと ほんま を 本間 と書くのはほんまにみんなやめてほしい、何人かしてるけど

違うんですよねほんまの漢字は 本真 らしいんやけど(本間が気色悪くて調べた)だから違うんですよね本間っていうのは間違い!

あとボーリング!

遊びで地質調査に行くな!といつもいつもつっこみたくなってまう

心が狭いのは重々承知やし 細かいこと言うなって思われるのもわかる、わかるねんわかるけどでもだって違うんやもん!!!!!!

 

あとなんやろな〜

あれやな大学の先生、巣窟のこと「すくつ」って言っててあなたは2ちゃんねらーですか?と思いましたね

 

ちゃうねん別に見下してるわけじゃなくてちゃんとして!って思ってしまうんやけどわたしという人間が人間的に一番ちゃんとしてないので表立って言えないんですよね

 

はい。

 

わたしだって急逝のこと きゅうきょ って読んだりしてましたからね恥ずかしい話

 

 

 

 

 

虫がね めちゃめちゃ入ってくるんですよねうち

なんで?

ドア開けっ放しなんかもってのほか、窓かって神経質に網戸ぴっちり閉めてるのにさ

網戸の網目ってあれ荒いんかこれで大丈夫なんかわからんくないですかやっぱり羽の長さとか含めたらば別に網目より大きいんかしらね虫は。

もう 森山くんと丼屋さんに行った帰り ベポナ虫除けネットと押すだけノーマットを買ってやりましたよ 足が痒いんじゃ!!!

 

今は春ですか?

わたし 今日食後のお散歩中に「初夏の夜は気持ちいいねえだいすき」と言って 森山くんに「初夏wwww 春やろwwww」とか言われたんですけど

五月って聞くと爽やかな新緑の季節、初夏を思い浮かべませんか?

季節の運びとして 春→初夏→梅雨→夏→秋→冬…(一部省略)ではないんですかね

春→梅雨→初夏→夏…?

違う気がする、、、

やっぱり三月四月が春、五月が初夏で六月が梅雨、七月八月が夏で九月が晩夏、十月が初秋で十一月が秋、十二月一月二月が冬…

やと思うんやけどどう?

 

じゃあいま 初夏やん!

だってお昼とか熱いしさあ

お昼の暑さといえば着る服をどうすればよいかわからんくさせて嫌ですね!

でも半袖とか七分袖は体が軽くてよい。

夏と冬なら圧倒的冬派だったのだけれど 小さなカバンにお財布とケータイだけいれて半袖ショートパンツで出かけられる身軽さは本当に愛すべき!という気がするハタチです。

 

丼屋さんの丼、すごく美味しかったな。

おやすみなさあい

 

 

どうしたらいいかわからないことだらけ

 

 

 

わたしはマジのガチで子どもなので 物事や人々の裏の面というのがほんとのほんとに苦手なんですよね。

もちろん主観の話なので わたしに見えてる面が表の面なわけで 裏の面というのは わたしに見えてない面なわけで

例えばわたしには「Aさんっていい子やんね」と言ってるのにほんとは「Aさんていい子ぶってうざい」と思ってたり言ってたりするみたいなことです

例えば「Bくんと全然仲良くないよ」って言いながらBくんと付き合ったりすることです

 

それたちって わたしから見たらもう完全に不自然なことじゃないですか

その人たちはわたしを裏切ってるわけではないのに わたしは勝手に裏切られた気になってる

わたしだって 誰の目から見ても不自然なことをしてるかもしれないのに 他人の不自然はもう気持ち悪くて居心地悪くて吐き気がしてしまうんですよ

それなら、もう、ネタバレなしでお願いします!と土下座したい。

真相をわたしに見えないようにするなら 「実は…」なんて知らせてくれなくてもいい、恐ろしいのですあの時誰が何をそれぞれに考えていたかなんて知りたくもない。

 

それで多分、大人になったらそういう不自然にばかり会うんだろうな

恐ろしいことですよこれは、もう本当に人と喋るたびに吐き気、吐き気の連続で

 

 

 

 

 

 

話が変わるんですけど

自分が絶対にこの先食べないだろうなと思うような異国の食べ物とか この先絶対出会わないだろうなと思うような格好や生活習慣の人とか

そういうのをテレビやなんやで見ると ほんとに不思議な気持ちになりませんか?

途方も無いというか ほうけるような 

いや特に絶対に食べないやろう食べ物を見たときの不思議に寂しい気待ちはなんなんやろう。

名前すら聞いたことのないお魚のフライ、グロテスクな昆虫の煮物、見たことない果物を鉈で割って出て来た実だとかそういう、自分とは本当に無関係なもの。

それは電車から見る知らない人の家のカーテンとか灯りとかと同じ種類のものを水で薄めたみたいな寂しさというかまあ系統で言えばそんな感じ。

 

 

 

 

 

あのね言わないじゃないですか、例えば小さい時に迷子になって寂しかったことを未だに覚えてることとか

例えば倒れた妹が目を覚ました時の嬉しさとかずっと帰りたいって繰り返してたこととか

例えば妹とはほんまに仲が良くてもっと写真とか撮りたかったのにとかそういう、そういうの言わないじゃないですか

だって言ったってもうほんとに意味のない、伝える意味もなくて だから心にしまっておくしかないことってそんなん 言わないじゃないですかどんだけ近くにいる人にだって。

でも心の中の一番どうしよーーーうもない、一番のほんとにやばいところに わたしを左右するやばいところに そういうことたちは居て それはもう厳然とというか、どっしりと揺るぎない事実として いるわけでそういうのが

そのおかげで生理やとか 嫌なことがあったりやとか精神がぐらっとなるとまじで そういうのが出てくるんですけど誰かに言いたいんですけどこういうのは 言えないわけで言葉に出した瞬間に言葉に出せないくらい泣けてきて

だからそういうの そういうのってほんとにどうしたらいいのかな。

どうしたらいいんやろう。もうほんとに。

どうしたらいいのか途方にくれるしかなくてもう、

 

はあ。

 

どんどんどんどん生きてくのが辛くなるなあ〜

 

 

おやすみなさあい

 

 

心くらい自由に!

 

 

 

もう眠くて眠くて眠くて仕方ない午後、きちんと10時間近く寝たのに。

鼻水がずびずびずびずび出る授業中、耐えれなくなるたびにトイレに走る。

タイミングを失って買わなかった教科書、ないと授業が意味わかんなくて机の上にはケータイと新しく買った羽田圭介の本とコーヒー。

 

怒るために怒るということはないんだよという文章はどこで読んだのだっけ、なんの授業かな。

「相手を負かして優越感を得る」ために怒る、「理解してもらいたい」ために怒る、まあ言われてみればそうやなと。

ほんとは穏やかでいたい、怒ったり拗ねたり泣いたりなんてしたくなくてどうしてこんなに感情に支配されなくてはならないのだろうわたしの人生は。

女性は生理前イライラしますがそれが本当の本当に男性にはわからないらしいですね、どうしてこんなにも近い位置に男性も女性もいるのにこんなに分かり合えない生き物につくってしまったのですか神様は。

 

文学論の授業で「女性は黙ってればよい、馬鹿であるほど可愛い、かしこい女は可愛くない、とか言う男は母親に甘やかされまくって生きてきたのだ」という文章を見て面白かった

だってわたしはそういう男は多いと思ってるし実際少しは体験したし 女の人が独立した思考を持っていることを嫌がる男の人というのは多分多い、それで女は陰で女同士集まって男って馬鹿ねと言うのだろうか旦那の脱ぎっぱなしのパンツ靴下上着をやれやれと拾い上げて。

 

政略結婚は「女性はお金に困らないために、男性はその女性を見初めてあるいは世間体のために」結婚する、恋愛結婚は「女性も男性も一緒にいたくて、一緒に暮らすために一緒に暮らす」のを目的として結婚するわけじゃないですか。

この二つとも客観的に見たら同じ「結婚」で二人は「夫婦」なのって恐ろしい

全然違うのに!

それでやっぱり一緒に暮らすために一緒に暮らすのの方が長続きが難しいんちゃいますか?

一緒に暮らすことが一緒に暮らしたいという感情と直接に一対一で繋がってるということは 一緒に暮らしたいと思わなくなったら一緒に暮らす理由がなくなるんやもの。

「安定した生活」のために「世間体」のために、子どもができたら「子どもを守る」ために 結婚生活を中断しないことの方がよっぽど楽だとおもうな、いろいろ許せる(見過ごせる?)やろうし。

 

それでも一緒に暮らすために一緒に暮らしたいね、一緒にいたい人と毎日を過ごして生きたいな。

それも環境によって変わるのでしょう、職業や家族関係やいろいろな要因で純粋な気持ちで一緒にいることができなくなる時がきてその時々に一緒にいたい人といて

でも他の事柄になるべく干渉されずにわたしはわたしの考え方でものを考えてわたしの感じ方でものを感じたいし感情も思い出も絶対不可侵でお願いしたい。

 

鼻水がさあ〜〜

もうティッシュを忘れてほんとにずびずびで周りにも申し訳ないし自分もやばいの、ものを考えられないレベルで鼻水ずびずび。

花粉の時期終わって〜〜

 

暑いときに暑い!といって

寒いときに寒い!といって

花粉ひどいときに花粉ひどい!といって

月が綺麗ときに月が綺麗!という

そういうのを耳にしたりtwitterで目にしたりしたらなんだかちょっと面白くて好ましいなと思う

素直だこの人たち!と思ってくすっとしてしまう

わたしもなんやけど だって暑い!と言ったって暑いことには変わらないのに。

 

月が綺麗ことお花が綺麗こと空が綺麗ことなど自然の綺麗ことたちは積極的に口に出したりtwitterに書いたりした方がよい、なぜならそういうことを指摘されなくては気づけない人は多分たくさんいるから、その人たちのためにちゃんと気づける人間が言って幸せにしてあげなくちゃいけないから。

 

では

お昼だけどおやすみなさあい

 

社会の隙間

 

 

 

テレビで、旅人兼フォトグラファー兼ライター、みたいな女の人が出てて

全然 フォトグラファー!とかやってそうじゃなくて ほんまにふつーーーの女の子、ほんでふつーーーの女の子がその土地に住んでたらふつーーーにSNSにあげそうな写真をとらはる人で

でもその「自分もその土地に行ったらこんな写真が撮れそう」と思うことによって「自分もその土地に行ってこんな写真撮ってSNSにあげよう!」と思わせるってことはビジネスになる、から、本とか出してはって

理想の生き方やなあと思うよね、みんなの理想のというか、だって世界中を旅しながら綺麗な写真を撮ってとかって絶対、いいなと思う人が大多数じゃないですか

 

でもその人は 細やかというか きちんとしてはる人で やっぱり 何事に対してもきちんと、しなきゃ きちんとしてなそうな 旅人でかったりフォトグラファーであったりって 務まらないんやなあ〜〜と思いました。

 

将来、どうする?

わたしなんてものは なにもしたくないんですねいつも言うけど。

なにかしたいなら なにかに向けて頑張れるけど なにもしたくないのに 就職なんてしたくないしどんな分野においても興味がない、頑張れるのか?

「社会に出なくては」と思う気持ちだけを着火剤にして社会に出る努力をするのは わたしには無理…ぷ………

 

どうにもこうにも 将来が見えない

子どもは欲しいと思う 家庭は持ちたいと思う

でもそれは 最終目的地というか やっぱり家庭に憧れがあってさ それで楽しくあったかい家庭を、ね、築きたいんやけど

それまでの空白をどう埋めればいいのか…

 

学校の先生がね、「君たちは将来や社会やを悲観してしまう世代に生まれたわけだけど、ほんとはそんなに悲観するほど悪くないんだよ。」って言ってて

にわかに信じがたいけど でも確かにわたしが将来や社会やを悲観しているのはどうしてかと考えてみると どうしてだかわからない

将来かって もしかしたら別に悪い方にばかり転がらないかもしれないし(学歴が低すぎてまともなとこに就職なんてできひんとかはあれど)

社会や世の中だって そこまでわたしに風当たり強くないかもしれない もしかしたら 何かを許さない人と同じだけ 同じとは言わなくても少なくっても 許してくれる人だって一定数、いるんやないかとか

「日本の社会はクソ」という固定観念に縛られて日本で生きて うーん そりゃ他国を排斥するほど日本万歳になったら見苦しいけど だからね、「海外羨ましい日本は狭い苦しい」っていうほど 日本で居場所をくまなく、探したわけではないし

なんでもネットでわかってるような気になって 自分で見て感じることを 忘れてはいけないんかなあっと思いましたね。

思いましたねというか今思いました。

 

だからもしかしたらわたしみたく就職なんて無理無理無理っていう人間だって 許して受け入れてくれる場所というか隙間が もしかしたらもしかしたら、あるかもしんないなあなんて

いう感じ〜〜

 

おやすみなさあい

 

授業中の落書き

 

 

101号室は、A館の中でも大きな教室だから、壁に落書きがあっても先生に咎められたりしないんやろう、

わりと大きな落書きがぽつぽつある。

 

 

月曜日←死ね

   火曜日←なう

   水曜日←なう

   木曜日←5/1なう

   金曜日← うぃる わず

   土曜日

   日曜日

 

おもろくない。

            ですよねー」

 

「☆キラッ

  性間非行

  性感非行💨」

 

小栗旬です   違うか!!

                   ちがう。

 

 

なんて馬鹿馬鹿しい!!

ほんとにおもしろい、落書きっていうのは。

人気ブロガーaRuFaのブログで、「居酒屋と会社とカフェに落書き帳を設置してみた」というやつがあるんやけどほんまにおもしろかった。是非みんなに読んでほしい。

なんやなー、落書きの素晴らしさ!大好きですね〜〜ほんとに

ネットみたいにやらしくない 気持ち悪くない いい感じの匿名性、文字の大きさや形や書く位置に出る強烈な個性、それらによってたとえ「うんこ」とかの凡庸な文字を書かれてても笑えるようになっている!!

 

高校生の頃、移動教室で 使った生物室の机に よく落書きをしたもので。

このネット社会、「何年何組ですか?」なんて落書きに返事がくることがあんなに嬉しいとは思いませんでしたね。

多分だから、上で紹介した「小栗旬です ちがうか!!」に対して「ちがう。」という返事が来たのを小栗旬かそうでないかよくわからん書き手が見たら、すっごく嬉しいんでしょう。

 

と思ったら 2ちゃんねるとかの匿名掲示板で 書き込みにレスがつくのも嬉しいんかしら。

それでも 誰に向けてでもない ただそこにたまたま居合わせた人に向けた落書きにお返事がくることより 嬉しくはないとは思うけど。

 

ではみなさん午後も励んでください

おつかれさまあ

 

 

屛風のトラ

 

 

 

わたしは物事をものすごくはっきり好きとか嫌いとかいう人が好きなんだけど小説や漫画を読んでて作者のものと思われる余りにも偏った好き嫌いや癖みたいなものが出てくると気持ち悪くなっちゃうんだよな〜

 

自分のされて不快なことをはっきりと言う人に関してわたしはものすごく好ましく思う。「一口ちょうだいとかやめて。」「同じペットボトルで飲むのは嫌い。」「お前って呼ばんといて。」そう言われなきゃわからないことをしてしまう前に言ってくれるのは嬉しいし安心だ、地雷が埋まっているところを知らずに踏む前に地雷が埋まっていますよと看板を立てて欲しいみたいなことで。

 

夢を見るとき 夢の中で走るとうまく足が動かなくて 殴るとうまく拳が進まなくて 水の中にいるみたいになるのだけど それを言うと森山くんは 脳とかやばいんちゃうんと言ってきたので「脳とかは多分元からやばいんと思うけど」と言いながらネットで調べた。

「目を閉じて走ってるところを思い浮かべられないのと一緒じゃないですか」と書いてあってまあ確かにそうかもね とも思ったけど 目を閉じて走ってるところを思い浮かべられないのと夢の中で走られないのは一緒なのか?自分が走ってるところを客観的に見たことがないからわからないな。

 

胡蝶の夢の話をこないだ授業でされて (昔の人のお話で「蝶になって飛ぶ夢を見て 起きたとき 自分が人間なのか蝶なのかわからんくなって 人間である自分が存在するのが蝶である自分の夢の中の出来事なのか はたまた自分はまったく他人の夢の中の一登場人物なのではないか」みたいなやつ)そりゃあ自分が他人の夢の中を生きていたら嫌だなあと思ったけど

自分がほんまは 蝶で 今 夢の中にいるとしても わたしがやりたいことをやりたいし 食べたいものを食べたい

蝶だったら だったで 蝶である自分がやりたいことをやりたいな

蝶だったら 飛べるから嬉しいけど 蝶はどのくらいの高さまで飛べるんやろう。

 

高いビルに登って 外を見たとき 蝶を発見したことは ないですよね。

じゃあ 蝶はあんまり高く飛べへんのかなあ

そしたら どうせなら 鷹とか 鷲とか なんかそういう強めの、かついっぱい飛べる系の、やつがええな。

 

野球の。

 

マスコット、トラツバメコアラ

怖いね あのー、着ぐるみってすごい

だって 表情は常に🙂とか😀で固定やのに 恥ずかしい!とか好き!とかこんにちは!とかを体の動きで表すのですぜ。

すげえな〜 表情ってじゃあ、大事よなあと

普通に生きてる人間は 体で喜怒哀楽を表現しないから 顔でやるから だから大事だなあ

と思いますね。

 

そう、お風呂に入らなくちゃ……。

働きたくないので小説家になりたいです、なんか、お散歩をしてコラムを書いて 小説を書いて美味しいものを食べて海を見る。

言葉にするより文章にする方が一億倍楽で、それは言葉にするとどうしても言葉の方向が必要で それが恐ろしいんですよ 言葉の 重さを 知ってるから。

文章は 誰にも向けず 独りよがりに かけるから

一億倍 楽ですよ。自慰ですよ、この、わたしのブログは。

またすぐ文学部の人はこういう、下品な言葉を使うよなあ

授業中に セックス ってめちゃ言うやないですかセンセイ、だからちょっと面白いなって思っちゃう。

小説や映画にはめちゃ 性的なシーンあるからなあ〜

それを専門にしてる日本文学専攻なのだから 当たり前なんですけど。んっふふ

 

 

じゃあ

おやすみなさあい