お昼ごはんは ぎゃらんどぅー

映画と本とお肉をたくさんたべる

やわふわポッキー2ダースがウチに届いたよ

 

 

基本的にわたしには「穏やかな午後」なるものはないんですよ。

なぜなら、午前中どころか午後の最初まで 眠ってるから。

起きたら 午後で あ〜… とか言ってる間に晩御飯ですよ。

だから 穏やかな午後は なくて でもたまに

今日みたく 10時から練習がある日なんかは 今が穏やかな午後ですね。

穏やかな午後は いいな〜眠たげで 心に余裕ができるな

 

オヒルゴハンを食べ、雪見だいふくを食べて 濃いコーヒーを飲んだ後に 薄いコーヒーを飲み

お腹を下して 落ち着いて カルテットを見ました。

 

あ〜 幸せですよ〜わあーい

森山くんは 絶賛風邪をひいてらして眠っておられるのですが。

すやすやと 聞こえてきます。

 

 

なんか わたし デブなんですけどそこはちゃんと、自覚してて。

それでいつも 痩せなきゃ〜と思いながら生き、思いながら食べておるわけなんですが最近

もういっかなーって

現状維持で いっかなーって

思い始めてるんですよね。

 

これはたぶん だめだとは思うんですけど。

なんかもう 一念発起して おしっ痩せるぞ〜みたいに 気持ちが切り替わらなくて。

冬やし 寒くて 外に出れないから 運動できないし

でも お腹はすくので。(なんでだ?)

そんなんで 痩せるとかは もう 無理やので

諦めよーかな〜…と。

 

だってまあ〜 食べ物は美味しいじゃないですか

しかもね わたしたちが生きてるうちに 食肉産業ってだめになる予感だってあるやん?

昆虫食がどうのとか 言ってるじゃないですか 将来ね。

 

今のうちに お肉食べないとだめやん、なくなるやんすぐにそんなんさ〜

虫とかさ〜〜〜〜〜〜  食べれないよ!!!!!!!!

 

お肉!お魚!お野菜!で育って来たのに

急に

はい虫!虫食べて美味しいよエビみたいでさほら〜〜食べて食べて食べなきゃ死んじゃうよ〜〜栄養満点ほら〜〜

って言われても……

 

(^_^;)って感じ。

 

最初から 食虫文化があればね そりゃ食べるけど

だって タコとかもそうやん外国人から見たら なに〜〜そのエイリアンみたいなん食べて頭ダイジョウブ?みたいな

ことでしょそれは

だから 食べるって言う文化が、あればね

食べますけどそりゃ 生まれたときから当たり前ならね。

 

でももう 自我あるからな〜

無理やな〜 今から 「昆虫食は 当たり前!」とか言われても…うーん無理無理

 

当たり前を無理やり変えられるのは 一番不快ですもんね〜

てか 変えへんしみたいなね。

 

 

 

 

 

あーカルテット面白かったな〜

高橋一生の 声 すごくいいですね。

満島ひかりも。声がいいな〜

 

どんがらがっしゃんうるさい物語も好きですけど

視線とか言葉とかの1つ1つが静かな意味を持つ 含みのある物語も すごく好きだなあ

 

 

 

 

 

雪。

こっち(東大阪)は全然降ってなくて 雨がしとしと降ってるけども

奈良はすごいらしいですね。

ママンから写真が送られて来て

f:id:nico-fuumi:20170209144650j:image

犬の足跡が可愛いな〜っと思いました。

 

お仕事も お休みになったみたいです。

交通が だめぷーになってるらしくて。

 

そういえば何年か前の 雪の日。

学校が まだあるときだったな

大雪で バスが遅延しにしてる時があったなあ。覚えてますかみなさん

 

中学のときか高校のときかわかんないけど

やっとこさ乗ったバスで 足先がキンキンに冷えて しんどかったなああれは

全然進まないからって言って 駅から1つ目のバス停で降りた乗客たちが

つるつる滑って歩けない!って言って 駅から2つ目のバス停でまた乗って来たのは笑いましたね。

 

滅多にないことだから みんながわたわたしちゃいますね。

どうしたってどこか浮き足立ってしまうね。

薄暗いバスの中の景色は 今でも覚えてるなあ

怪しい暗さだった、あれは。

 

中学生のときと 高校生のときと 一回ずつあったのかな 交通が麻痺するレベルの大雪が。

中学生のときは 妹と一緒にバスを待ってて 雪を受けて妹は寒いよ〜と泣いてたなあ〜

バス停でわたしたちを待ってくれてた母は 午後の2時間ドラマを丸ごと 車で見たと言ってた。

そういうどうでもいいけど 確かにずっと脳の一部を占有してるもの。

 

わたしは みんなのそういうものが 聞きたいですね

できれば文章で。

 

やっぱりわたしは 口語よりも 文章の方が好きで。

口から出てしまう言葉って 思ってないのになって後で後悔してしまうことがあって。

ほんとうに、全然嫌いじゃない人の悪口とかも (お酒入ると特に)思わず言ってしまうんですわたしこれはほんとにやめた方がいいやつなのであれなんですけど。

 

それに 口からより 指からや ペンからの言葉の方がやっぱり

丁寧に考えてから 表すじゃないですか。

思う様に書いたって 後で冷静になって見直して、ああほんとはこんなことが書きたかったんではなかったな、って ちゃんと訂正できるし。

 

口から出る言葉の 無責任さと取り返しのつかなさが嫌いです。

どこにも残らないのに 確かに相手を傷つけてしまったりする どうしようもなさ。

わたしは話すのが苦手だ…。

 

 

関係ないけど

わたしは 好きだなっと思う人は 話さなくても 好きになれるんですよね

いや、ちょっとは話す、世間話などするかもやけど

そんなんよりもっと深い話とかを 人は仲良くなるとするじゃないですか

そういうの 別になくても あー好きやなっと思うことは多々ある。

たぶん 客観的に見たら

「そんなに仲良くないくせに 知らないくせに 好きって変なの ほんとのところ知らないんでしょ?」

っとなると思うんやけど

そんなことは関係なくて。

 

その人の 匂いとか雰囲気とか笑顔とか仕草喋り方などで

思想や 信念やが 見えなくたって 好きになれますね

好きというか この人は いいな、と思うのに

親しさなんて関係ないなと思うんです。

 

知らないし知りたいとも思わないけど好きな人、わたしわりといます。

秘密めいた人の方がときに魅力的。

 

カルテットのイエモリさんだって 素性の知れてないときの方が魅力あったくないですか?

ま、それは人それぞれか。

 

わたしも隠された魅力のある人になりたいんですよ

こんなあけすけだったら 無理だろうけど

いや、人見知りやから 自分の輪の外の人にとったら あるいは…?

 

とかいって。

そういうの憧れるよねって話です。

 

 

 

はあ、午後ですね いまだ午後浅い時間ですよ

何をしようかな

外には出られないしなあ

読書、、

読書しようかな!それとケータイのゲームとなんらかの映画を見るのもよいですね。

 

じゃあ!みなさん

おつかれさまあ