スリープオーバー

誰がなんと言おうと唯一無二

すぎさる

 

 

 

 

小説を書いている。

同時進行で二本。でも、どうしても自宅で書けないので困っている。

茶店か、カフェか、図書館に行かなければならないので、出費がかさむ。

なぜなら、喫茶店かカフェでのみならず、外に出ると必ず、お茶かコーヒーを飲むからだ。

 

飲み物が好きで、このあいだ同時にオレンジジュースとコーヒーとお茶を購入して車に置いていたら、数時間で暑さに、お茶がダメになった。

もったいな、という見方もできるが、わたしはひとつ、違う見方をしたい。

したいというかしている。

 

あのな、コーラを飲みたいと思うやろ。

でも、カンカンの350mlも、要らんやろ、なぜなら、一気飲みレベルでいかないとコーラは美味しないし、暑い夏の日どんどんぬるくなるし、200いけたとしても、150残すやろ。

それを、もったいないと言ってしまえば言ってしまえるが、自分は満足してるわけやろ。

 

せやから、もったいなくはないやん。10手に入れても、10堪能しないとと気負うと、なんかしんどいやん。

10手に入れても、3しか堪能せんくても、満足したならそれでええやろ。

 

とか、こういう考え方を披露したら、

アフリカでは一分間に60秒経っているのですよ、とかいう類の反論が浮かびそうなもんだが……。

 

ブルジョアジーなのだろうな。考え方が。

基本的にブルジョアジーだ。これはもう育ってきた環境に完全に依るから仕方ない。

 

だから別に捨てなくてもまあ惰性で摂取したらええよね。

お腹がいっぱいになって食べられない最後の一口を食道にねじ込んでまるでソーセージのごとく………生々し!

 

すべてを消費する。おかしも、ウインナーも、ポテチもコーラも、小説も映画も、ほとんどの、人間も。

齧って味わって お腹いっぱいになったり味が変わったりして味わいきれない部分はポイする。

 

気楽に行こう。

おやすみなさあい