オンリートゥデイ スリープオーバー

誰がなんと言おうと唯一無二

妄想のはなし

 

 

 

 

 

例えば

今日みたいに半端にあったかい日じゃなくて こないだのシャレにならない寒さの日の、夜

バイク飛ばしてうちに来てくれよ

あ、でも、サプライズとかはやめてほしい

わたしは自分のペースを乱されるの嫌いなので

 

例えば

珍しくクッキーなんて焼いたら目を輝かせて喜んでくれよ

些細なことでめちゃくちゃに頭撫でくりまわして

あ、でも、演技はやめてね 悲しくなるので

 

などなど妄想。

空想の人にして欲しいことならいくらでも、あるな。

 

例えば

泣きたい夜には理由を聞かずに黙ってとなりにいてくれよ

そしてなんか悲しいことがあったら全部わたしに言ってくれ おまけに悲しい過去の話も聞いて欲しいしして欲しい

 

例えば

わたしが不当な目に合えば全力で馬鹿みたいに怒ってくれよ

それがもし不当でなくてもわたしが虐げられたり怒られたら 相手にキレてくれよ

 

最近忘れていたけど元来わたしは妄想好きだったのだ。

日常生活で妄想をしないからか実にたくさんの夢を見る…

脳みそが均衡を保とうとしてやがるのかな。

 

 

 

 

あのさ

バイト先の喫茶店

いろんな老人がくるよ

その中で一番 満たされた顔をしてるババアはゆで卵を店員に剥かせるジジイの連れなんだけどさ

いつも二人のくせに四人座席につきやがる それだけじゃなくて 隣同士で座りやがるんだ

そんで ジジイは 「頼むもんぐらい決めとけよ」とかなんとかババアを虐げやがるんだ

でも そのババアが客の中で一番幸せそうな顔してやがるんだよ。

 

ああこれかと思ったよわたしは。

以前書いた江國香織の「紅茶に添えられた角砂糖」に、大人になってもなれる方法。

無条件に愛されるしかない。だれか一人の男に完全に愛されるしかない。

存在するだけで存在を全肯定してくれる人間は、大人になったら、男の人しかいないんだと思ったよ。

教えてくれてありがとうわたしはこれからもジジイのためにババアの代わりにゆで卵の殻、剥き続けてやるからね。

 

 

角砂糖になりたいけどきっとなれないわたしはいよいよ手に職を持たなければならない。

そしたら一人で満たされた気持ちで一人きりの部屋で角砂糖になれる。

 

おやすみなさあい