お風呂あがりのギャランドゥ

映画と本とお肉をたくさんたべる

朝になる前に会っておこうよ

ああ屋根裏部屋に住みたい ベッドの横には窓 窓の中には月 生き物と習慣的に関わらなければ生死を超越した存在になれる 「死んだ」という言葉は実感を伴いにくい 存在するのが当たり前だから不在が際立つのだ。それに打ちひしがれるのだ。 だから誰とも 何と…

妄想のはなし

例えば 今日みたいに半端にあったかい日じゃなくて こないだのシャレにならない寒さの日の、夜 バイク飛ばしてうちに来てくれよ あ、でも、サプライズとかはやめてほしい わたしは自分のペースを乱されるの嫌いなので 例えば 珍しくクッキーなんて焼いたら目…

リスペクト

クリープハイプが好きなんですけど。 さんざっぱら言ってるのでいい加減覚えて欲しいのが、わたし、好きなアーティストがクリープハイプとケツメイシとNICO Touches the Wallsで、好きなアーティストというのの定義はこの場合 曲の全部が大体好き、という感…

うちのじゃじゃ馬ちゃん

紅茶の匂いがする。ケーキを焼いているからだ。もうすぐ焼きあがる。 実家の犬が死んだ。飼い主は祖母で、だから祖母と同居し始めた頃にうちにやってきたわけだからなんとなくうちんちの犬という認識は少なかった。何しろ、元々うちで飼っていたヒナちゃんと…

普通とか多数派とかとか

あけましておめでとうございます みなさん初詣行きましたか?おみくじの結果はどうやった? 内容なんて毎年そんな覚えててないから別にいいんやけどさ。 わたしは 浅草寺でひいた分が末吉、地元の最寄りのお寺でひいた分が末小吉でした。 は? なんやねん末…

2017-2018

2017年が去らんとしている。 まあ言ってしまえば 明日は明日、今日の次の日なだけで12月31日から1月1日に歴がリセットされるだけなんやけど何かと節目をつけたがるわけやからまあとりあえず今年は終わりなわけですよ。 そんで明日からまた新しく平成30年が始…

アイラブアルコホル

アイ・ラブ・アルコール! かれこれ付き合いは7、8年になるだろうと思われる。 迎えた二日酔いの朝は数知れず。その度その度「二度とお酒など飲むものか」と思うわけですが、ゲロゲロ吐いてお水をがぼがぼ飲み、コーヒー飲んですっきりすれば またケロッと…

つまりは全部そういうこと

人工肉の缶詰め 分厚い鉄片で作られた丈夫なスプーン 食事の時だけ外すガスマスク 窓枠で四角く切り取られた隣のビルのグレイの壁 這う這う配管 ポケットだらけの服は煤だらけ 傍らにラジオ たまの天気がいい日に屋上から見える遠くの煙突はいつでも火を噴い…

ひとりはうるさくて静か

このブログ、去年の12/10に始まってました。 つまり1年前。 え…!?1年前ってそんな……ほんまに?誰か操作してる?陰謀? 1年前の12/10のわたしは、寒くなさすぎることにびびっていました。その日のブログを読んでみると。 今年はめちゃくちゃ寒いぜ。安心…

世界平和はどうでもよい

『死を告げられた女』という小説を読了した。 最近、本を最後まで読めた試しがないので、よいリハビリになった。そもそも途中で放棄した本たちは面白いと思えないから読めないだけやったのか、、それならいいけど。 この作品は、イスラム国に唆されて自殺と…

きらくなひとり

悲しみというものは理解されて然るべきと思っていたフシがある こんなに悲しいのだからそれなりの待遇をしてもらいたいと思っていたフシがある まあほぼ 過去形ですらない "思っている"に限りなく近い"思っていた"だが 誰に対して、というわけではなく …

毎日がクリスマス

今日 授業で代理出産の話をやったんですけど。 なぁーんか人類って命を弄んでるよなあって思ったな〜 弄んでるし 持て余してるし やっぱりちょっと なんか… 生きていくことって、変に頭良かったら難しいんやなって思います。頭良かったら、というか 応用力が…

えむわんかんそうだらだらかいたよ

M-1おもしろかったなあ。 1回目のジャルジャルが わたし的に 『M-1グランプリ2017』という番組のなかで 折れ線グラフの頂点やと思いました。 やりきったジャルジャル。悔しくて髪の毛くしゃくしゃの福徳くん、喋れへん福徳くんをフォローするかのごとくボケ…

反省だ…。

わたしってもうめちゃめちゃに都合のいい思考回路をしてましてさあ このブログ 万人受けする内容ではまったくないから、そんなに周りの人に見られてると思ってなかったんやよな〜 文章って なによりも 書く人の中身が見えてまうものやと 思うんですけども だ…

かるとてきな

ゼミで、幼児誘拐の映画をみました。まだ前半だけ。幼児誘拐は中国の社会問題らしい、人権もクソもあったもんじゃないな。 前半しかみてないのに ぼろっぼろに泣いた。だって、友達が言ってて そうだなあと思ったんだけれど、「中国の社会問題である幼児誘拐…

言葉

「僕らはいつも以心伝心♪」 「言葉などなくたって分かり合えるから♪」 などなど、「言葉で伝え合う必要のない絆が二人の間にはある」ことを讃える歌ってたくさんありますよね。 しかも、みんな それに憧れもする。だって魅力的、いちいち思ってることを言語…

トマトのパスタのスパゲッティ

わたしの男の人における好きなタイプってのは 鼻が超高い 背が高い (無精)ヒゲが似合う 野球人体型 髪が短い ちょいぽちゃ なんですけど そういう男の人って大抵 ちいちゃくて髪の毛の長い 細っこくて守りたくなる可愛らしい女の子…悪く言うとふっっっっっ…

かたまらない 性別のこと

男はどうなのか知らないけど 女という自覚って、女として見られてるんやな って思うことから生まれると思うんですよー。 わたしは 小学生の頃から 近所の公園に捨てられてたエロ本に女子で唯一群がったり、下ネタチェーンメールに興味津々やったりな馬鹿やっ…

文学…とは?

今日の文学論(大学の講義)おもしろかったな〜今までで一番おもしろかったんですよ 未曾有の事態になると必ず 詩が詠まれるらしい。 日本史上初めて編まれた詩集が 市民一丸となって日本国を守るという意識を持たせるため、つまり戦争の道具やったわけで 文…

彼氏が風邪をひくと必ず貰ってしまうという話

わたしは 精神的にはめちゃめちゃ弱い でも身体はわりと強い、ただし胃腸は弱い。 森山くんは 精神的にはそんな弱くない でも身体がめちゃめちゃに弱い。しょっちゅう風邪をひく。 わたしは 風邪なんてひかないから 風邪をひいてても森山くんと普段の距離で…

ココットの中のカスタード

彼氏の、自分の一個前の彼女が五年とか十年モノやったら どう思いますか? わたしは 嫌やなあ だって 絶対に何もかもで比べられるやろうし。 一年とか二年とかなら、すぐに忘れそうな小さな癖とか習慣や言い回しでも 五年とか十年とか積み重ねたものはそう簡…

まっしろしろ

大切な人を亡くすってことは 自分のうちの一部も一緒に失くすってことやというのはわたしが常に提唱している説なんですけど 何かを知ったり、経験したりすれば 知る前や経験する前の状態には戻れないじゃないですか。 それって 知る前の自分を失うってことや…

芸能人は人間ではない

アイドルの熱愛は ファンから叩かれるけど、わたし俳優女優の熱愛も離婚も不倫も、嫌悪感でもって 知りたくないんですよね。 だって エンターテイナーじゃないですか、それらの人たちって。 俳優女優は 物語を 文字から映像にするときの 依り代…って言葉が正…

その業界の人にとっては人の死は商売であるということ

お通夜からなる一連の お葬式やら一周忌やら、が大嫌いだ。 亡くなった人を思い出すことは 儀式じゃない。 一年ごとに お偉いお坊さんがする 真面目くさった上から目線の(亡くなった方を思い出して笑顔で集まるのですよ、など)説教を聞くのはほんとうに反…

ベーパが好きよっていう

わたしは、前述の通り アカペラをかじってたんですけど 特に やっぱり パーカスとベースっていうのは 花形ですよね。 なんやかや わたしは リードをまず見て、次にベース聴いて パーカスの構成にハッとしてうっとりする、みたいな 感じでアカペラを聴いてま…

スベカラク

未練があるってどういう状態のことを指すのだろう。 例えば、別れた恋人と写った楽しそうな写真をたびたび見返してセンチメンタルに浸る それって 未練があるってことなんかな? 今、よりを戻しても上手くいかないことはわかりきってたり もしくは 別れ際に…

アニメについてのカゲキシソウ

わたし思うんですけど気を悪くされたらごめんなさいね、あの〜〜、世間に萌え絵が蔓延り過ぎてませんか? こないだびっくりしたんですよトイレに!行った時にね、清掃中の 置き型の看板ってあるじゃないですかあれがね、置いてあったんですけど そんなん 「…

生駒山上遊園地

空が広い、子どもの頃にはあった ふれあいコーナーがなくなったのはもう何年も前のことで、その存在さえもしらない人間が溢れていることは軽い衝撃を与える。 無人の射的ゲームでは、人が弾をくれるのではなく隣に据え付けられたガチャガチャで弾を購入する…

特急券をお持ちのお客様…

わたしはね結構物事を比較して類似点を見つけたがるたちなんですけども 自分においてだけは 相対評価ではなく 絶対評価をくだしたいね 他人においても 悲しみや苦しみや幸せやについては 絶対評価をくだしたい 見た目はみんな似てるから 目と鼻と口と、頭に…

あ〜…夏休み……

世界一忌々しいわたしの祖母は徳島の人間で、三年前に亡くなったひいばあちゃんは徳島に住んでたんですよ。 それで、小学生の頃 わたしは 妹共々よく徳島に高速バスで、夏休みなど遊びに行ってたんですけどね。 だから 小学校時代の夏休みの思い出、といえば…